メインコンテンツ

その他のコンテンツ

マンション管理の将来

マンションの管理を行う仕事に関心を持たない人が依然としてたくさんいます。「マンションの管理人」というと、管理人室に一日中座っているだけの楽な仕事だと思い込んでいる人も多いはずです。

しかしマンションの管理は、多数の入居者が毎日安全に暮らせるように取り計らう必要があって、非常に責任が重い仕事です。現在、「マンション管理士」と「管理業務主任者」という国家資格が、マンション管理の責任者を輩出する役割を果たしています。 どちらの資格も試験の内容が非常に難しくて、たくさんの知識を身につけないと合格できないようになっています。試験問題を覗くと、不動産関係の法律の知識から一般のマンションに見られる設備に関する知識まで、問題に盛り込まれている情報はさまざまです。とにかく広範な知識をマスターする必要があるのです。

そこまでこれらの資格が重視されるのは、今の日本にはマンションがあちこちに建てられているからです。建てられてからかなりの年月が経ったマンションの中には、管理が行き届いていない例もあります。マンションは老朽化したらメンテナンスを適宜行う必要がありますが、そうした任務を適切に遂行する人材がこれからどんどん求められる可能性が高いのです。

マンションには管理団体が存在するため、こうした資格に合格した人は就職したり契約を結んだりして働くことになりますが、スキルを磨いて実績を積めば、恵まれた待遇の下で仕事に打ち込むことも可能です。